Menu

利用目的について

ハードディスク

どんな目的で利用されるのか

データ復旧は、何らかのトラブルによってハードディスクなどに記録されているデータにアクセスできない状態になった場合に必要なものですが、それには専用ソフトを使う方法と専門業者に依頼する方法があります。まず「専用ソフト」は、業者に依頼する場合よりも費用が抑えられるので、安く済ませたいという目的で利用されることが多いと言えます。それにインターネット上には無料で配布されている専用ソフトもあるため、そうしたものをダウンロードすればタダでデータ復旧をおこなうことも可能でしょう。ただし専用ソフトは、論理障害と呼ばれる軽い症状の場合にだけ有効であり、機器自体が破損してしまったような物理障害では使うことができないという点に注意すべきです。一方の「専門業者」は、まず、重要なデータを確実に復旧させたいという目的で利用される場合が多いと言えます。軽い論理障害の場合は、専用ソフトでも復旧が可能な場合がありますが、操作を誤ると2度とデータにアクセスできなくなることもあり得ます。そのため、論理障害であっても、確実性を求めるのであれば専門業者に依頼したほうが安全だと言えるでしょう。そして専門業者は、できるだけ迅速にデータ復旧をしたいという目的で利用されることも多くあります。会社には重要なデータが多くありますし、それがないと業務ができないというケースも少なくありませんが、専門業者に依頼すればスピーディーに対応してもらえます。